日本はなぜ英語に力を入れているの?

以前『2020年~資格試験の重点化が進んで来ます!』という内容の記事を

書いたのですが、かなりの反響をいただきました!

今回はもう少し掘り下げて考えていきたいと思います(^^)。


2020年の東京オリンピックに向けて、かなり多くの外国人の方々が

日本にやってくると予想されます❗️

その中には日本の文化や慣習を気に入って、日本に住みたいと思う方も多くいるでしょう。



ここで日本の現状を考えてみると未来が少し見えてきます。

少子高齢化社会の日本は、未来の働き手を必要としています。

また国際化が進んだことで、海外との関わり合いを持っていない企業の方が

少ないのではないでしょうか?

それでは企業は、将来どのように人材を確保していくでしょうか?




日本の英語教育は遅れています!

そのため、本当に英語を使える人材は一握りです。

それに引き換え"英語・日本語・その人の母国語が話せ、海外の大学で

しっかりとした教育を受けてきた即戦力の人材"が、日本に興味を持ってやって来ます。

この貴重な人材を企業が逃すとは思えません!!




つまりこれから日本で就職をする学生たちは、

海外から来る人々と就職活動で戦わなくてはならなくなります!

国はこの動きを見越して英検やTOEICを活用し、

聞く・書く・読む・話すの4技能を測ろうとしています✏️


茅ヶ崎近隣にお住いの皆さまは、とても教育熱心な方が多いです!

将来に向けてお子様に、まずは英語から始めさせてあげてください❗️

貴重な人材として戦える術をお子様たちに持たせて上げましょう(^^)。


⭐️無料体験受付中⭐️

体験・資料のお問い合わせはこちらまで❗️

北茅ケ崎校の授業スケジュールなどの情報はこちらまで❗️

アーカイブ

カレンダー

<   2018年2月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
  • ウィングローブ英語塾