狩場東校 近況

先日の授業での一コマです。

問題集の英文和訳に取り組んでいた中学生のA君が

"both children and adults・・・・・・・"を訳して、

「ボスの子供たち」!

ここ数か月の授業の中でいちばん笑わせてもらいました☺



授業中は、笑いも時々ありますが小中高生みんな

とても一生懸命に英語に取り組んでいます。



年明けには、小中学生の暗唱会があります。

高校生は毎週、単語熟語文法のテストをこつこつと

継続しています。今日も冬休みだけれど、テストを
受けに来たBさん。素晴らしいです。



来年もひとりひとりの英語力が伸びるよう、サポート

していきたいと思います!


ちなみに...

both A and B   AもBも両方とも

大事な熟語です。覚えてね。

保土ヶ谷宿

JR保土ヶ谷駅構内に、何か月か前に登場したこの絵。
保土ヶ谷駅を利用する方は見覚えがあるのではないでしょうか?

http://winglobe.jp/blog/karibahigashi/IMG_1178.JPG
引用元:保土ヶ谷駅構内展示物



On the other side of the Shinmachi Bridge which extends

across the Katabira river are rows() of houses of the

Hodogaya-juku. A palanquin( かご) and its bearers as well

as Zen priests of the Fuke(普化) sect() are seen crossing the

bridge, while women stand around the buckwheat(そば) noodle

shop Nihachi's sign to chat. A group of men wearing

straw hats appear to be passing by. The group,

heading for the City of Edo, have been travelling

along the Tokaido Road, depicted in the picture as

lined with pine trees and houses of the post station.

The everyday scene of a hoe()-carrying farmer and

his child in the fields behind the inn(宿屋) adds a

nostalgic touch.

(英文の引用元も、保土ヶ谷駅構内展示物です)



一文目で倒置が使われていますね!


保土ヶ谷宿は東海道五十三次の4番目の宿場だったそうです。
ちなみに、1番目の宿場は品川、2番川崎、3番神奈川、
4番保土ヶ谷、5番戸塚......と続きます。

英語は「ズームアウト」

授業で英語を日本語に訳す時に、生徒さんが
間違えやすい文があります。

He was born in Farmington, Maine.

「彼はファーミントンのメイン州で生まれた」
は誤り。

正しくは、「メイン州のファーミントン」
ですね(^^)

住所などを書く時の順番は、英語と日本語では
逆になるのです。

少し前の日経新聞に「ズームイン、ズームアウト」
という面白いコラムがありました。

英語では封筒に名前を書く時は、「まず相手の名前、
その後に通りの名前、州などを書いて最後に国を
書く。」「アプリ『グーグルアース』で自宅周辺から
ズームアウト」する感じです。

「日本語で話すことに慣れていると、どうしても周辺
から固めていき、核心部分は最後、という思考になる。
英語を話すときは逆に、本当にズームインしたい核心
部分をまず端的に述べる。その後、落ち着いてズーム
アウトしながら周辺状況を付け加えていけば良いのだ。」

(東京大学教授 西成活裕先生のコラムより
 引用させていただきました)

住所表記と同じく英語の長文では、いちばん言いたい
ことを最初にバーンと書いてあります。
そこから「ズームアウト」していくという思考なのですね。

おめでとう!

3月に入って、日が長くなり日差しも暖かくなってきました。

当教室の受験生にも春が来ました。おめでとう!
大学受験生は、東京電機大工学部に合格!(^^)!

「ウィングローブでは、わからない所があったらすぐ
先生に質問することが出来るのが一番よかった。また
単語熟語テストの追試は、知らない単語を覚えたり
知っていた単語を思い出したりできてとても良かった。
山口先生(本部の受験アドバイザー)のおかげで、
苦手だった物理も高得点を取ることができた。」

高校受験生は、光陵高校に合格!(^^)!

冬の英検・・・中2生が準2級に合格!(^^)!

また、2月には小中学生の発表会を行いました。
テキストcompassから好きな話を選んでの暗唱会。
リピートークでの頑張りもあり、
みんな堂々と暗唱できました。

狩場東校も、春の入会金半額キャンペーン中です。
(4月末日までに入会して授業を受けた方対象)
この機会にぜひ、無料体験レッスンにお越しください!

卒業生の声

あけましておめでとうございます

昨年の卒業生Y.O.さんの合格体験記を紹介します。

Y.O.さんは中2で入会、5年間この狩場東校で

勉強されました。

合格校:立教(経営、法) 明治(経営、商)

    青山学院(経営)他

「わたしが、ウィングローブを信じてやってきて

 良かったと思えたのは、高3の10月でした。

 高2になった頃から周りの友達が次々と予備校

 に通っていく中で、わたしは山口先生に言われた

 言葉を信じてひたすら勉強を続けました。

 英語は、単語熟語文法を何度も繰り返す。

 苦手であった、国語と世界史も薦められた冊子

 を何度も繰り返しました。勉強していく途中で

 こんなことで本当に成績が上がるのだろうかと

 思ったこともありましたが、夏休み前は偏差値

 が50もなかった国語や世界史を10月以降、

 10以上伸ばすことができました。また、もと

 もと得意であった英語も点数を落とすことなく、

 むしろ、より得意な科目として受験に臨むこと

 ができました。

 つまり、ウィングローブは英語はもちろん、

 特に授業などをせずに他のニガテな科目の力

 も上げてくれる唯一の塾だと思います。そして、

 何よりも、どれだけ勉強をしてきたかが目に

 見える勉強方法を教えてくれるので、心配性

 なわたしに自信を持たせてくれました。

 だからこそ、わたしはウィングローブだけを

 信じて勉強してきて良かったと心から思って

 います。」

言われたことを繰り返し継続するのは簡単なことでは

ありません。すばらしいです(*^^)v

これからも頑張って!応援しています。

荏柄天神

鎌倉にある学問の神様、「荏柄天神社」に行ってまいりました。

高3生、中3生の受験がうまくいきますように!
受験のためお休み中の小6生も、サクラ咲きますように!
1月の英検を受ける子たちも、合格できますように!
もちろん、神頼みの前に人事を尽くしてくださいね。

年末であわただしい毎日ですが、鎌倉にお参りに行きホッとした
一日でした。

来年もよろしくお願いします☺

IMG_1088.JPG

狩場東校の紹介


はじめまして!
ウィングローブ英語塾 狩場東校です。
当教室の最寄り駅はJR保土ヶ谷駅です。駅からは212系統バスで「狩場東」バス停下車。
バス停からは徒歩一分です。 瀬戸ヶ谷小学校から歩いて3~4分です。

IMG_1053_3.jpg



講師紹介
田村尚子 
大阪府出身
大阪女子大学(現・大阪府立大)英文科卒
高校英語教員免許取得
卒業後は建設会社に9年間勤務
2006年に英語塾を開き
2014年よりウィングローブ英語塾として新たにスタート  
趣味:ヨガ、ベランダガーデニング、読書、美術館やライブに行くこと
学生の時、小・中・高校生に家庭教師のアルバイトをしており、
思えばその頃から人を教えることが好きでした。
生徒さんががんばって「伸びていく」のを見るのがうれしいのです。
今、ウィングローブで定期的に本部研修を受け、その指導法に基づいて授業をしています。
個別指導で、英語が苦手な人も得意な人も、着実に力をつけることができます。
ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

<   2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • ウィングローブ英語塾